スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本製中古バスの初乗車+α

今日は学校が午前授業というこのもあり、いつも行くPGC・Chililitanにバス撮影に行って来ました。
ただいつもと違ったのは突然TOYOTA製のボンネットバスが通ったことと、鉄道の初乗車に続く日本製中古バスへの初乗車でした。
ボンネットバスの方は突然きたものでよく撮れませんでした。
中古バスの初乗車ですが、三菱エアロスター(元事業者不明)の4403号車でした。
前ドアの真後ろの席に座って、ChililitanからBlockMまで始終点を1時間強かけて乗りました。
エアコンは付いてるのですが使っておらず、窓からくる夕方の涼しい風だけでした。
まず驚いたのが、バスは始終点にもかかわらず停車ということはせず、減速するだけで飛び乗らなければいけませんでした・・・
またバス停というものは無く手を上げて減速させ、降りたいところを乗務員に告げる方式でした。

乗車が夕方(暗い)だったもんで車内などの写真撮れなかったので、今度明るいときに再度乗車して詳しく扱おうともいます。
4403.jpg
乗車した4403号車
bonet.jpg
TOYOTA製のボンネットバス

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。