スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPDバス車庫の旅 Part1

今日は、ジャカルタ一の日本の中古バスを所有するPPD社の車庫のうちの二つに行ってきました。

行ってみた感想として、日本の営業所などとはほど遠いものでした。
事務所のようなものは無く、手の開いてる運転手が車庫内で雑談(見張り??をしてるという、東急で言う操車場以下でした。
留置場みたいな感じですね。

初めに行った車庫はPPD Bis depot Cakungで最も多くの中古バスが置いてある車庫です。
中には、まだ整備されてない中古バスや部品取り用として留置してあるバスなど、色々とありました。
syako.jpg
この中で今回は、この部品取りようとして扱われてるバスの写真をアップします。
今回掲載するのは一番印象的だった、元都バスキュービックの低公害車らしきバスです。
buhintori.jpg
今後、数回にわたって車庫で出会ったバスについて書こうと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。